ドッグフードを密閉保存する方法

前へ
次へ

ドッグフードを密閉保存する方法

ドッグフードはできることなら、密閉容器に移し替えるほうが良いでしょう。
なぜなら、フードに含まれる油が空気に触れて酸化していったり、湿気を吸って菌が増えやすい環境をつくってしまうことになるからです。
大容量のものを購入していくなら品質維持のためにも特に重要な密閉保存の方法をお伝えします。

犬の飼育本などでも開封したフードは1ヶ月以内を目安に使いきりましょうと書かれています。
それを目安として考えるのなら、15kgや20kgといった大容量タイプには注意が必要です。
開封してから全てなくなるまで期間がかかるとしたら、空気に触れて酸化する可能性があるし、湿気も吸いやすくなります。
夏場は特に気をつけないといけませんね。
犬は嗅覚が鋭く匂いに敏感ですから、酸化したりして悪くなると嫌がってお皿をひっくり返して怒りをあらわにするなんてこともあります。

ですがまとまって買ったほうがkg単位の値段も安くなるし、通販で購入する場合は送料なども関係しますよね。
大容量タイプのもので出来る限り費用を抑えたい場合、密閉保存できる容器を購入したほうがダメにすることもなくなるでしょう。

品質維持のためにもドッグフードコンテナなど確実に密閉保存できる容器を用意して、冷暗所に置いておくことが好ましいです。
油は光にも反応してしまいますので、直射日光に当てないのは当然として収納場所に気を使いましょう。
値段は高いですが、容器内の空気を抜いて真空化できるようなコンテナもおすすめです。

小さめの容量のフードを買ってさらに小分けしている飼い主さんも多いようですね。
開封したらジップロックに入れてきちんと空気を抜く、ジッパーをしっかり閉じて冷暗所または冷蔵庫で保存するのが人気みたいです。
しかしドライタイプのフードは冷蔵庫に保存すると、出した時の温度差で容器に水滴が付いてそこからカビが発生するなんてこともあります。
ジップロックで小分けするときも1袋1食分できちっと分けるほうが適切かもしれません。

大容量タイプのドッグフードを購入したが、使い切る前にダメになってしまった。
それではまとめて買った利点がなくなってしまいますから、防止したいですよね。

コンテナなどは何年でも使えますから、密閉保存を適切に行っておいしいドッグフードを管理してください。

ページのトップへ戻る