食物アレルギーに対応した選び方

前へ
次へ

食物アレルギーに対応した選び方

アレルゲンとなることの多い原材料は、鶏肉やラム肉、小麦などドッグフードによく使われるものにもとても多いです。
目ヤニが出ていたり涙やけになったり皮膚が弱まっていったりと症状も様々。
アレルギー検査をしっかりと行うことが、食物アレルギーで苦しめないための第一歩です。

アレルギーはワンちゃんにとっても遺伝の要素が大きく、消化器官が弱まってたんぱく質の消化が不十分になってしまう場合もあります。

「同じドッグフードを食べさせていてずっと元気だったのでアレルギーなんて無縁の子だと思っていた。」
そんな飼い主さんの声もたまに聞きますが、最初は症状として表れないような極僅かな反応だとしても、アレルギー反応が繰り返されるうちにひどくなっていき肌に出てくるなんていう流れもあるのです。

なんだか調子が悪そうだ、元気が無い、ドッグフードの食いつきも悪い、そんなふうに思ったら動物病院にすぐにでも連れて行きましょう。
検査でアレルギーだとわかったら、グルテンフリーや添加物不使用などのアレルギー対応のドッグフードに切り替える必要があります。

獣医さんが勧めてきたものがあれば、まずそれを試してみましょう。
他には、消化器官の状態を良くするためにそれ用のサプリメントを与えていくと状態が改善したりします。
人にとって腸の状態を便で判断できるように、ワンちゃんの便や匂いを観察していくと良くなってきたかどうか判断できます。
フード選びで重要なのは便の状態なのです。

アレルギー症状が出ていた場合、アレルゲンを与えないようにしても完治まで日数がかかりますので、このドッグフードでアレルギーは大丈夫か早めに判断できるといったら便しかありません。
以前の状態と比較してみてください。
色は茶色またはこげ茶、色匂いがきつくない、ティッシュなどでつかめるくらいに硬さがある。
これらが当てはまるなら安心して良いといえます。

このフードを食べさせたら便がこんな状態になりましたよと、獣医さんに伝えて判断もしてもらうと尚良いと思います。

いかがでしたか。
食物アレルギーの対応は飼い主としての注意力も試されることでしょう。

検査をすること、便を見ること、気づくのが遅れるとアレルギーの反応はどんどん酷くなっていってしまいますので、ワンちゃんを危険にさらすとこになります。
常日頃からワンちゃんに愛情を注ぎ様子を伺うことが大切です。

ページのトップへ戻る