与えるドッグフードのデメリットを知ろう

前へ
次へ

与えるドッグフードのデメリットを知ろう

ドッグフードは大きくわけて3つのタイプに分けられます。
ドライフード・ウェットフード・セミモイストフード、この3つです。
それぞれのタイプにデメリットが存在するので、ドッグフード選びの参考にしてみてください。

与えるドッグフードのデメリットを知り、それを補うように少し手間を加えるだけで病気になったりするリスクを抑えられるかもしれません。

ドライフードは乾燥しているので固めの食感になっています。
この乾燥していて水分が少ないことのデメリットは、食欲が落ちていたりするときに飲み込みづらく食べなくなる時があることです。
それと年齢を重ねて噛む力が弱まってきたときも食べにくいものになってしまいます。
少し元気がないなというときは、ささみなどを煮込んで旨味を出したスープやチキンエキスなどを人肌程度まで冷ましてフードにかけてあげるのが一般的といえます。
シニアになったらシニア犬用のフードに替えることが必要になってきますので、いつぐらいにフードを替えるべきか獣医さんに聞いておくのも重要です。
また、ドライのドッグフードはダニがわきやすいためきちんと管理しましょう。

ウェットフードは傷みやすいので保存料が多く使われている傾向にあり注意が必要です。
水分が多めで香りもあるので、犬にとってもドライフードより美味しいと感じる高級なタイプのドッグフードです。
値段が高めで、ウェットフードの味を覚えるとドライフードを嫌って食べなくなるなんてことも。
柔らかいのでシニアには優しいといえますが、幼い時からウェットフードを与えていると顎が弱まり口周辺の病気のリスクも上がってしまいます。
これらがウェットフードのデメリットです。
普段から与え続けるよりも、ちょっと弱ってるなといったここぞといった時に食べさせることをおすすめします。
開封後は早く腐敗するのでドッグフードの保存方法には気をつけましょう。

セミモイストフードはいうなればジャーキーのようなフードです。
おやつのような嗜好品といっても良いかもしれません。
栄養も不足してしまうのでドッグフードとしてデメリットが大きいです。
ご褒美にあげるといった与え方に収まると思います。

これらのデメリットをしっかりと知り、飼い犬に一番喜んでもらえるドッグフードを選択してください。
経済的にも健康面などをみてもドライフードが定番といえるでしょう。
あまり安価なものは原材料の質が悪いことがほとんどなので、可能な限り無添加のドッグフードを選んであげてください。

ページのトップへ戻る