去勢犬用のドッグフードについて

前へ
次へ

去勢・避妊犬用のドッグフードについて

去勢・避妊して生殖機能にエネルギーを使用されなくなった分、代謝がそれまでよりも少し落ちることになります。
そうなると量を少し減らせばいいのかと思うかもしれませんが、必要なカロリーは減っても必要な栄養素は変わりません。

肥満になりやすい体質ともいえる去勢・避妊後のワンちゃんには、それように調整されたものを選ぶという手があります。
去勢・避妊犬用のドッグフードは低カロリー・高たんぱくで調整されていたり、食物繊維を混ぜることでカロリーを増やさずに満足感をワンちゃんに与えてくれます。
また手術後は尿石が出来やすい体質になりますが、それを防ぐためのミネラルがフードの中に調整されています。

去勢・避妊後はホルモンバランスが変化し、ワンちゃんにとってもしばらく負荷がかかる状態です。
去勢・避妊時期は成長期でもあるので食べ盛り、食べる量は増えるのに手術後は運動量が減ることが多いそうです。
つまり栄養と量はたっぷり、だけどカロリーは少ないドッグフードがあると体重と健康管理に役立つということだといえます。

もっと食べたいのに量が少ないと、それがストレスになることもあります。
足りないと感じているのか追加をねだってきたり、人の食べているものを欲しがってきたり。
飼い主側がそれに負けてしまいおやつを与え過ぎるというのも肥満にする原因です。
そんな流れを回避するためにも去勢・避妊後のドッグフード変更は有用だといえます。

とはいっても、手術後は必ずしも去勢・避妊犬用のドッグフードに代えないといけないわけではありません。
これまでのドッグフードを与えつつ、外で遊んであげるなど運動を増やすことで対策できますし、食べる量に関してもキャベツなどを混ぜてあげるなど方法はあります。
一日の量はそのままで食事の回数を増やすことも効果的といわれていますし、いろいろ方法と対策は存在します。

ただ室内のみで飼われている場合は運動不足になりがちなので、肥満防止にはドッグフードの影響が大きいでしょう。
その家の環境にあった手段を考えることが必要でしょう。


ページのトップへ戻る